new 無料メール講座 『そうだったのか!慢性腰痛!』

腰痛の一般的治療

腰痛治療 その3. 湿布薬

腰痛治療に必ずといってよいほど使われるのが、湿布です。
通常、湿布には鎮痛剤が塗込められていて、
それを患部に貼ることによって、痛みを軽減します。
したがって、湿布は、急性腰痛にはある程度の効果が期待できます。

ただ、注意すべきなのは湿布の使い方です。
まず、急性腰痛の初期には冷湿布を貼ります。
急性腰痛の初期、筋肉は炎症を起こしているからです。
筋肉が炎症を起こしている間は、冷やすのが基本です。
温湿布は初期の2〜3日は使わずに、動けるようになってからの方がよいでしょう。


一方、慢性腰痛には湿布はあまり効果的ではないようです。
湿布を貼付している間は、少し腰痛は軽減しますが、
慢性腰痛の原因が取り除かれるわけではないからです。

特に、夜の睡眠中ずっと湿布を貼付しておくのはお勧めできません。
腰の筋肉を冷やしてしまう可能性があるからです。
湿布は、日中に貼付して3時間程度で取り除いたほうがよいでしょう。


>>【慢性腰痛解消】へ


腰痛治療リスト

腰痛治療 1. 安静

腰痛治療 2. 鎮痛薬

腰痛治療 3. 湿布薬

腰痛治療 4. コルセット

腰痛治療 5. 腰部牽引療法

腰痛治療 6. 神経ブロック注射

腰痛治療 7. 手術

腰痛治療 8. 漢方薬

腰痛治療 9. 鍼灸