new 無料メール講座 『そうだったのか!慢性腰痛!』

腰痛の一般的治療

腰痛治療  7. 手術

腰痛治療手術で最も多いのは、椎間板ヘルニアの手術です。
一般的には、腰椎と腰椎の間から突出している椎間板ヘルニアを摘出する術式がとられます。

しかし近年、この手術の是非が議論されています。
10年ほど前までは、椎間板ヘルニアになってしまうと、その部分が改善することはないと考えられていました。
従って、ある程度以上突出してしまった椎間板ヘルニアに対しては、手術するしかないというのが常識だったのです。

しかし、実は必ずしもそうではないということがわかってきました。
MRIという写真で経過をみると、椎間板ヘルニアが自然に小さくなったり消失してしまう場合がかなりあるのです。
このヘルニア自然退縮のからくりは、体内の異物処理細胞の働きによると考えられています。

人間に備わっている自然に治ろうとする力のおかげです。
人間の自然治癒力ってすばらしいですね。
従って、椎間板ヘルニアと診断されても、治療方法として手術を選ぶのには相当慎重に考えなくてはなりません。

つまり、椎間板ヘルニアそのものは、経過をみていれば自然退縮することも多いわけですから、
わざわざ手術して摘出するにはよほどの理由が必要というわけです。

手術の理由として考えられるのは、ヘルニアが神経根を強く圧迫し、
『下肢に力がはいらない』
『排尿や排便が思うようにできない』
『ひどい坐骨神経痛がどうしても改善しない』
場合などです。

少なくとも“腰痛”だけでは椎間板ヘルニア手術の理由にはならないと考えて下さい。


>>【慢性腰痛解消】へ


腰痛治療リスト

腰痛治療 1. 安静

腰痛治療 2. 鎮痛薬

腰痛治療 3. 湿布薬

腰痛治療 4. コルセット

腰痛治療 5. 腰部牽引療法

腰痛治療 6. 神経ブロック注射

腰痛治療 7. 手術

腰痛治療 8. 漢方薬

腰痛治療 9. 鍼灸