腰痛HOME腰痛体操ストレッチ体操

腰痛ストレッチ体操

 腰痛のときには腰の筋肉は緊張し拘縮しています。
 この腰の筋肉の緊張をゆるめてあげましょう。

 腰痛の筋肉の緊張をゆるめるためには、
 いつも収縮して働く筋肉を逆に伸ばしてあげる体操が有効です。
 これが、ストレッチ(ストレッチング)と呼ばれる体操です。

 ストレッチ体操はなるべくゆっくりと、息をはきながら行ないます。
 ストレッチ体操の終わりには、心の中で10まで数えて静止姿勢を保ちます。

 くれぐれも急激なストレッチはしないでください。
 ゆっくりとストレッチすることは、とても大切なポイントです。


 1) 腰の前面の筋肉を腰痛ストレッチ体操
 立ったまま片足を後に上げ、足の甲を手で持ちます。
 そのままゆっくりと足を持ち上げ、
 股関節の前面が伸ばされるのを意識しながら10秒間静止します。
 左右それぞれ3回ずつストレッチします。

 2) 腰の内面の筋肉を腰痛ストレッチ体操
 両足を大きく開いてから、両ヒザの上に両手を置く前傾姿勢をとります。
 そのままゆっくりと片方のヒザを曲げてゆき、
 反対側の内股が伸ばされるのを意識しながら10秒間静止します。
 左右それぞれ3回ずつストレッチします。


 3) 腰の外面の筋肉を腰痛ストレッチ体操
 軽く両足を開いて立ち、片方の手を頭に上げます。
 そのままゆっくりと反対側に上体を倒してゆき、
 股関節の外側が伸ばされるのを意識しながら10秒間静止します。
 左右それぞれ3回ずつストレッチします。


 4) 腰の後面の筋肉を腰痛ストレッチ体操
 軽く両足を開いて立ち、両ヒザをごくわずかに曲げます。
 そのままゆっくりと上体を前に倒してゆき、
 お尻が伸ばされるのを意識しながら両手で両足首をつかみ10秒間静止します。
 この腰痛ストレッチも3回ずつ行ないます。


>>【慢性腰痛解消】へ




>>HOMEへ